毎日、ドイツ語を聞いてますよ!

音楽を聞くようにドイツ語を聞いて勉強しています!

私はいま高校1年生なのですが、高校を卒業したらドイツかウィーンに音楽留学に行きたいと思っています(^_^)

お父さんもお母さんもヨーロッパで音楽を学ぶ方が私の将来のためになると言ってくれているんです。

ドイツかウィーンに行きたいと思っていますが、どちらもドイツ語なんですよね。

なので、お母さんが「今からドイツ語を勉強しておいた方がいい」と、ドイツ語のリスニング教材を買ってくれました(*^_^*)

あとは、本で文法や単語も勉強していますが、このリスニング教材を聞いている時が一番楽しいんですよね!

私は音楽家を目指しているので、やっぱり音に対して敏感なのかもしれません。

なので、言葉も耳から学ぶ方法が一番合っているみたいですね(^_^)

しかも、このリスニング教材は「ドイツ語 → 英語 → 日本語」の順番で音声が流れるので、ドイツ語だけでなく英語も勉強できますし、日本語訳もちゃんと分かります。

英語もできた方がいいですからね!一度で二度美味しいみたいな語学教材です(^_^) さすが、私のお母さんが選んだだけあります!

今はこのリスニング教材をiPodに入れて、学校に行く時や遊びに出かける時の移動中に聞いています!

高校卒業後にドイツかウィーンでの音楽留学で、私のドイツ語が通用することを信じて・・・

言葉を音としてマスターする!

ドイツ語を勉強していて思ったのが、「私って日本語はどうやて覚えたのだろう?」ですね。

日本語でひらがな、カタカナ、漢字と3つもあるので難しい言葉と言われていますが、赤ちゃんの時はでひらがな、カタカナ、漢字なんて意識しませんでしたよね。

単純にお母さんやお父さんが話を言葉を音として認識して、真似ることによって1つずつ単語やフレーズを覚えていったはずです。

最初は周囲の人が話す言葉を意味も分からず真似するだけで、徐々に「パパ」がお父さんを指し、「ママ」がお母さんを指し、お腹が空いた時には「食べたい」と言えば何か持ってきてくれることを身体で覚えていきます。

わたしが使っているリスニング教材もまさにこんな感じで言葉を覚えていくんですよね!

まさに耳から覚えるって感じです。音楽大好きなので、耳から覚えるのが一番やりやすいですし、飽きないので継続できます。

私のようにドイツやウィーンに音楽留学を考えている人にはオススメの教材ですね(^_^) 音楽を学ぶようにドイツ語と英語を勉強できますからねっ。

おすすめサイト